私は大学を卒業後、
就職はせずに大学院に進学しました。

 

大学生時代も就職活動も少しはしたのですが
大学院の進学が早々に決定したので
特に積極的に動くこともなく終了しました。
しかし、後にこの少しの経験が大きなメリットになりました。

 

大学院も修了が近づき、
また私には博士課程へ進むか、
それとも就職するかを決める時期がきました。
私は就職を選択しました。
すでに大学を卒業した友人たちは
社会人を2年も経験しています。
このまま博士課程まで進むと
さらに社会に出ることが遅くなり、
また就職できる先の選択肢が限定されてしまうことが理由でした。

 

私は大学生時代に
すぐに辞めたとはいえ、
一度、就職活動を経験しています。
なので、就職に関しての情報の集め方や
早い時期の合同説明会への参加など
段取りよく就職活動を始めることができました。
就職活動が初めての学生たちは見ていても
やはり何からしていいかわからず苦労しているようでした。

 

就職活動を行うと
みんな合同企業説明会に足を運ぶと思います。
私も就職活動中はよく足を運びました。
私は社会の経験はありませんでしたが
大学院で学会や企業などに行くこともあり、
多少のマナーを学んでいました。
周囲の学生が企業の方に質問を聞いていると
丁寧なのだがどこか違和感があったり、
丁寧にしようとするがあまり変な日本語になってしまったりしていました。

 

しかし、私はそのときに気がつきました。
それが当然であると。
企業の方々もそれを暖かい目で見ていることに気がつきました。
むしろ、ある程度のマナーが整って
周囲よりも年上な私が混じっていることの方が
違和感のあることだと思いました。
一応、大学生の人たちと同じ新卒の枠ではあるが
私にはフレッシュさが無い。
、これに気がついたときには少しショックでした。

 

これから就職活動をする人たちに
面接などでちゃんと受け答えできるか
不安に思う人のいるかもしれない。
しかし、最初はちゃんとできないことが当たり前である。
むしろ、その未熟なことは一つの武器であると
伝えてあげたい。