数年前に新卒で就職活動をした私がその中であまり意味がなかったなと思ったことを紹介したいと思います。
日本は新卒採用がとても重視されているので就職活動の内容はとても幅広いですよね。
私も就職活動の時期はそれ以外に何もしないというぐらいに打ち込んでいました。
合同説明会、職場訪問、OBOG訪問、セミナー参加と色々しましたがその中で特に意味がなかったなと思うのは合同説明会です。
なぜ意味がなかったのか、と思うというと合同説明会に行っても企業研究にならないからです。
合同説明会ではとにかくたくさんの人が来るので人をさばくのがメインになってしまって、企業の大まかな説明しか聞けませんし人事担当者に質問しても詳しく教えてもらうことはできません。
就職活動を始めたばかりでどんな企業があるか分からない時に一、二回行くのは勉強になってとてもいいと思います。でもそれ以上行っても大体出展しているのはいつも同じ企業ですし、内容も同じなので余り意味がないと思います。
それよりも職場訪問やOBOG訪問の方が役に立ちます。実際にその企業で働いてる方に話を聞くことでどんな企業なのかよく分かりますし説明会では聞けないようなことも教えてもらえます。
就職活動ではいろんな人に会うことがとても重要だと思います。